Scaler8 Japan
ハイポテンシャルな東京のスタートアップのドイツ進出をサポート

東京からドイツへ:
スタートアップのための海外進出プログラム

Tokyo SU team

 東京都は、2022年11月に10×10×10ビジョン「Global Innovation with STARTUPS」を発表しました。このビジョンは、東京におけるユニコーンの数を10倍にし、東京で生まれスタートアップの数を10倍にし、東京都による5年後の協働実践数を10倍にすることを目指していますそして2023年9月、10x10x10ビジョンの一環として、スタートアップの創出と成長による東京のスタートアップエコシステムの強化を目指し、「Tokyo SUTeam」プロジェクトを立ち上げました。Scaler8は同プロジェクトの一員として、東京のスタートアップ企業のドイツ市場への進出を促進し、スタートアップがユニコーンへと成長するための支援を提供いたします 

プログラム

numerical 1

キックスタート

キックスタート・プログラムは、アーリーステージのスタートアップに向けて世界展開を視野に入れたスケーラブルなビジネスを立ち上げ、成長させるために必要な知識やツールを提供いたします

応募締切 2024年5月20日
プログラム日程 2024年5月27日~ 2024年5月30日

次期キックスタート
7月開催予定

numerical 2

マーケットディスカバリー

マーケットディスカバリー・プログラムでは、国際展開の第一歩として、ドイツ市場における自社ビジネスの潜在的可能性と成功に必要となる要素を探ります 

応募締切 2024年8月
プログラム日程 2024年9月開催予定

numerical 3

マーケットアクセス

ドイツ市場への本格展開に向けて、起業や行政、投資家といったビジネスパートナーを開拓し、参入の土台を構築します 

応募締切 2024年6月
プログラム日程 2024年7月~2024年10月
渡独日程 2024年10月

次期マーケットアクセス
11月開催予定

*マーケット・アクセス・プログラムに申し込むには、マーケット・ディスカバリー・プログラムに参加することが前提条件となります。 

1-1 Consultation

1-1consultationとは、Start2Group日本代表の小田嶋と海外進出を検討しているスタートアップ企業を対象にメンタリングを行う1時間の事業相談の1on1セッションです。 海外進出を検討しているものの、ドイツなのか、ヨーロッパなのか、そもそもこのタイミングで海外進出をすべきなのか悩みがある起業家の方が多くいらっしゃると思います。そんなスタートアップ企業のために、事業のブラッシュアップに貢献し、キックスタートプログラムの内容を少しご体験いただけるような1:1メンタリングセッションを設けました。

代表者の紹介

小田嶋アレックス太輔

ビジネスインキュベーションのスペシャリストとして、数多くのスタートアップ立ち上げや企業の新規事業開発に携わる。2018年に設立したイノベーション拠点のEDGEofでは、2年間で世界50ヶ国以上から1万5千人を超える来場者を迎え、数多くのイノベーティブなプロジェクトを展開。コロナにより物理的拠点を閉じた現在も、企業とスタートアップのコラボレーション支援を行う傍ら、日本と海外のイノベーションエコシステムを繋ぐ様々な活動を手掛ける。カナダ、ドイツ、フランス、エストニアなど各国の大使館やスタートアップ支援機関と連携したイノベーション関連施策に関わり、多くのスタートアップ育成プログラムにメンターとして携わる。J-Startup推薦委員、Start2 Group 日本代表。

所在地: 〒107-0061 東京都港区北青山 2-7-13 プラセオ青山ビル 3F 青山アラマンダワークコート

Scaler8はStart2グループによって運営されています。

日本でのネットワーク

よくある質問

日本からドイツへのいずれのプログラムにも参加するには、貴社が東京で法人設立されている、もしくは将来的に東京に進出する計画がある必要があります。

い、キックスタート、マーケットディスカバリー、マーケットアクセスの各プログラムは、海外進出の準備段階にある企業を支援するために設計されています。どのプログラムに参加すればよいかわからない場合は、個別にご相談対応いたしますので、お気軽にご連絡ください 

このプログラムは東京都の支援を受けており、参加費は無料です。深い経験に基づいたアドバイス、個別コーチング、メンタリング、そして各拠点での無料オフィススペースを提供します。 マーケット・ディスカバリー・プログラムでは、渡独のための航空券や宿泊費などの関連費用は自己負担となりますが、 マーケット・アクセス・プログラムについては、1社につき最大40万円まで渡航費を補助します。 

*****マーケット・ディスカバリー・プログラムへの参加は、マーケット・アクセス・プログラムへの応募の前提条件となります。 

下記の応募期間内に、こちらの応募フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください:  

キックスタート 
応募締切 2024年 1月24日
プログラム日程 10時間

 マーケットディスカバリー 
応募締切 2024年4月  
プログラム日程 2024年5月~6月  
対面式日程 2024年6月  

マーケットアクセス 
応募締切 2024年6月  
プログラム日程 2024年7月~2024年10月  対面式日程 2024年10月 

応募フォームにご記入頂いた情報をもとに、社内外のメンバーで構成される専門の選考委員会が、事前に設定された選考基準に基づいてを評価します。合格者には通知されます。 

マーケット・ディスカバリーおよびマーケット・アクセスについては、最終選考に残った応募者に連絡を取り、選考委員会の前でオンライン・ピッチを行う手配をします

キックスタート 
お申し込みの際に、ご希望のプログラムクラスをお選びいただけます。選考基準を満たした方には、プログラム開始の約2週間前に参加の可否をご連絡いたします

マーケットディスカバリー ・ マーケットアクセス:
応募期間内に、専用の応募フォームよりご応募ください。応募締め切りから約2週間で選考を行い、結果をご連絡いたします 

マーケット・ディスカバリー・プログラムとマーケット・アクセス・プログラムでは、貴社がドイツ市場に進出する準備が整っているかどうかを判断するために、以下の要素を考慮します:

  • 製品:製品がすでにローンチされトラクションを得始めている、または、日本その他の市場で臨床試験や提携が成功していることが実証されている 
  • リソース: 安定した資金、人材、時間など、プロジェクト遂行に十分なリソースを割けること。
  • チーム 設立および経営チームのメンバー、学ぶ意欲があり、積極的にプログラムに参加する姿勢がある。 
  • 英語力:マーケット・ディスカバリー及びマーケット・アクセスの両プログラムは全て英語で提供されるため、自社の製品や戦略について英語で説明ができ、メンターからのアドバイスなどを理解できる英語レベルを有する。 

キックスタート・プログラムの選考プロセス:
プログラム・チームがオンライン・アプリケーション・フォームを確認し、スタートアップ企業がプログラムに適しているか、適格であるかを確認するために、スタートアップ企業を選考
します。最低基準は、少なくともMVP製品を持ち、東京を拠点とする法人格を持つスタートアップ企業であることです 

ディスカバリー&マーケットアクセス・プログラムの選考プロセス:
書類による一次選考の後、選考委員によるオンラインでの面談を行います。面談では、企業の現状、ドイツ展開の計画、全体的な競争力と市場との関連性などに関してお話いただきます。   

ディスカバリーの選考基準には以下が含まれます  
i. チームの強さ(創業者、ビジョン、連携)-スタートアップがドイツ市場に進出する能力を持っているかどうか
ii. 語学力英語で会話ができるか、英語でビジネスができるパートナーを見つけることができるかどうか
iii. 事業の実行可能性 製品が市場のニーズに適合し、製品に大きな潜在市場があること

マーケットアクセス・プログラムの選考基準には以下が含まれます
i. チームの強さ(創業者、ビジョン、連携)-スタートアップがドイツ市場に進出する能力を持っているかどうか
ii. 語学力英語で会話ができるか、英語でビジネスができるパートナーを見つけることができるかどうか
iii. 事業の実行可能性 製品が市場のニーズに適合し、製品に大きな潜在市場があること
iv.トラクション – スタートアップがドイツ市場で最初のトラクションを見出せること
v. 柔軟性 – 現地市場のニーズに合わせてビジネスモデルをローカライズ/適応させる能力を有すること

ご質問はありますか?

メッセージをお寄せください。喜んでお手伝いさせていただきます。

Scaler8 JP enquiries